Frontier Recruiting Information

開拓者たちの集う場所。~レディくるという未来の当たり前の創造へ~
facebook

INTERVIEW .
No03

レディくるを社会の
インフラにすること

私がこのビジネスに興味を持った理由は、 レディくるがこの時代に最も必要とされるビジネスモデルだったからです。
AIやWEBの力によって、どんどん世の中が変わってきている今の時代に、 私達はあえてアナログで勝負をしています。
もちろん、AIにはAIなりの良さがあり、 人間には出来ない事まで現実化しているのも事実です。
ただ、私達レディくるは、人を介して行うサービスですので、 AIやネット上では触れることのできない人の温かさや、 ネット上では探すことのできない部分までデータベースを抱えており、 今の時代にとても必要なサービスだと思っております。
今現在このサービスは、約1万社の企業様にご利用頂いておりますが、 レディくるを社会のインフラにし、どの企業様からも必要とされる存在になりたいと思っています。

intervier

私の成長年表

2015年 日本体育大学 体育学部 体育学科卒業
大学時代は、保健体育の教員免許を取るために、教育について学んでいました。
元々、私自身昔からスポーツばかりしていたので、体育教師に興味を持っていました。
そんな中、入社半年で、当時のサブマネージャー(現:主任)という役職を
与えてくださったことが何よりの思い出と成果だったと思います。
2016年 2016年、フロンティアに入社
入社したての頃は、右も左も分からずとにかくガムシャラに
日々を過ごしていた思い出があります。
数か月で業務に慣れる度に違う課題に直面していた気がします。
もちろん課題があるのは今でもです。
課題を解決し、また新たな課題に直面し、
それを解決し…その繰り返しをしていくうちに仕事がどんどん楽しくなっていきました。
フロンティアに出会った事をきっかけに、 進路を変更いたしましたが、「人の為に」「人とたくさん関われる」といった部分では、
共通しているのかなと思っています。
2017年 更なるステップアップ!
入社2年目で、マネージャーになりました。
サブマネージャーとは違い、マネージャーは更に視野を広く持つ必要があるのと、
部下をマネジメントする事がメインだったので、今までとは違う動きをしました。
マネジメントするのは初めてだったので、不安もありましたが、
仲間のサポートもあり、楽しんで仕事をする事ができた2年目だったように感じます。
2018年 一つ目の夢が叶った!
入社3年目で、課長に昇格しました。
自分の課を持つことは自分の夢だったので、それが叶って嬉しかったです。
今では部下の数も増え、部下の人生をどうしたら幸せにすることが出来るのか、
仕事を楽しく出来るのか、を第一優先に考えながら仕事をしています。
入社当時は自分の成長が一番嬉しかったのですが、
現在は、部下の成長が一番の幸せです!
私と関わった全ての人(お客様や、同僚)がハッピーになれるような
影響力のある人になる事が私の今の目標です。
profile

個性が輝く会社☆

独自的なサービス内容と共に、働きやすい環境の元で、 レディくるメンバーがイキイキ働けている事に感謝しています。
メンバーによっては、美容業界が得意なメンバーやゲーム業界が得意なメンバー…など 得意なジャンルが様々なので、色んな業界にご訪問できるレディくるだからこそ、 「自分の好きを仕事に」できる事も魅力に感じて入社を決めました。
また、レディくるは押し売りの営業は一切せず、困っている企業様に、 悩みを解消してくれる企業様を紹介する事をサービスとしている為、 凄くやりがいがある仕事だと感じています。
私自身頼られると凄く嬉しいですし、もっと誰かの為に…! という気持ちで仕事をしているメンバーに囲まれて働いているので、毎日刺激的です。

intervier